萎える前に読む!まんこの臭い110番
  • 臭いのLv別対策法
  • 臭いの種類別対策法
  • 悩める男たちの体験談
  • お手軽対策アイテム
  • 臭いの4代原因

洗い方

このページでは「正しいまんこの洗い方」をリサーチしています。

正しいまんこの洗い方とは

女性にとって、性器の臭いは大きなコンプレックスになります。普段から気を付けて、よく洗っているという人も多いでしょう。しかし、間違った女性器の洗浄法が、却って悪臭を強めてしまうこともあります。以下に正しい洗い方をリサーチしてまとめましたので、ぜひチェックしてください。

洗い方を間違えると恥垢が溜まってしまう?!

デリケートゾーンの洗い方に気をつけている女性はどれくらいいるでしょうか。女性にとって大切な部分なので、清潔に保っていたいですよね。こまめに手入れをするのは良いですが、自己流でケアをしているのがほとんど。正しい洗い方をしないと、逆に臭いを悪化させてしまう原因にもなるのです。

デリケートゾーンは、複雑に入り込んでいる構造をしているので、洗い方を間違えると「恥垢」といった垢が溜まってしまいます。恥垢は、デリケートゾーンに溜まった皮脂や雑菌、汚れ、おりものなどが固まってできたものです。男性に例えると、チンカスと呼ばれているものにあたります。恥垢はキツイ臭いがするので、どんどん溜まることによって、デリケートゾーンから嫌な臭いがしてしまうのです。トイレに行った時やちょっと席を立っただけでもフワッと臭いがしますので、結構気になってしまいがち。

そのままにしておくと、かゆみや臭いだけではなく、他の病気を発症させてしまう原因に繋がりやすくなってしまいます。そのせいで悩んでいる女性は少なくありません。また、恥垢をそのままにしておくと粘度が強くなるので、簡単に落としにくい塊になってしまいますので、嫌な臭いがさらに悪化してしまうこともあるのです。なるべく正しい洗い方で恥垢が溜まらないように清潔なデリケートゾーンを保ちましょう。

そもそも恥垢とは何なの?

恥垢とは、男女の性器から出る分泌物や尿、皮脂、雑菌などが乾燥して、性器周辺に固まってしまった垢のこと。女性の場合、外から侵入してくる雑菌から膣を守ろうとして排出されるおりものが分泌液になります。恥垢が溜まると、ブルーチーズのような強烈な悪臭がするのです。

恥垢はデリケートゾーンに触れている陰毛に付着している場合が多いのですが、特に以下の部分に溜まりやすいと言われています。

  • クリトリスの包皮下
  • 大陰唇と小陰唇の間
  • 小陰唇にあるビラビラの周辺

クリトリスの包皮下は洗い残しが特に多い部分なので、包皮をめくって洗う必要があります。大陰唇と小陰唇の間や小陰唇にあるビラビラの周辺は、丁寧に洗うことで恥垢を洗い流せるので直ぐに改善できる部分です。この部分を念入りに洗わないと、恥垢がどんどん溜まってしまいます。

恥垢の臭いはデリケートゾーンに触れているものに移りますので、脱いだ下着から嫌な臭いがすると感じたら、デリケートゾーンに恥垢が溜まってしまっている恐れがあります。また、蒸れやすい部分でもありますので、臭いがさらにきつくなったり雑菌が繁殖しやすくなったりと、良くないことばかり起きてしまうのです。常に清潔を保つよう心がけないといけません。

膣外の洗い方

陰毛→陰核→性器→会陰→肛門と、前方から順番に洗浄していきます。
以下のポイントに留意してください。

  • デリケートゾーン専用の石鹸を使用する。
  • 石鹸を直接あてるのではなく、ネットで立てた泡で優しく汚れをとる。
  • ゴシゴシこするのはNG!生理の前中後は、特にソフトに。
  • タオルではなく、手を使う。長い爪で傷をつけないよう、充分注意する。
  • 陰核(クリトリス)の包皮に隠れている部分や、
    大陰唇/小陰唇のひだの間には恥垢が溜まりやすいので、
    必要なら指でめくり、しっかり汚れを落とす。

女性器はデリケートで粘膜も多い部分なので、一般的なボディソープではなく、専用石鹸でやさしく洗うのが◎。特に会陰部はゴシゴシこすると、黒ずみの原因になりかねないので、注意してください。

「自分の性器を見るなんて恥ずかしい…」、という意見もあるかもしれませんが、鏡で洗浄箇所をチェックしながら進めていくと、より正確に恥垢を落とすことができます。

膣内の洗い方

膣内には自浄作用があるため、無理をして洗う必要はありません。むしろ洗うことで、却って悪臭が強くなってしまう可能性があります。

膣内には乳酸菌が常在し、内部を酸性に保ってくれています。このため、他の有害な雑菌が繁殖しにくくなっているのです。

そこへケミカル成分の多いボディソープなどを侵入させてしまうと、乳酸菌も同時にダメージを受けてしまうため、雑菌が繁殖→臭気の悪化を招いてしまいます。また洗浄の際、長い爪などで内部を傷つけてしまうのも心配です。

「でも、どうしても気になるから…」という場合は、必ず「膣内洗浄専用」の洗剤を使用してください。こちらはビデに似た商品ですが、乳酸菌が配合されているため、膣内の菌バランスを崩しにくくなっています。

女性の臭い研究家
オマン・コクサイ博士
おすすめコンテンツ

まん臭を愛し、まん臭に憑りつかれた男こと、オマン・コクサイ博士じゃ。このサイトではまん臭に関する様々なページを用意しておるが、特におすすめの特集を紹介するゾ。

臭いを消せるのはどれ?消臭アイテムの実験報告!

今どき、まんこの臭いケアも女子力の一環。石けんやクリームなど、数多くの対策グッズが販売されておるようじゃ。まんこの臭い専用クリームを独自目線の実験で検証してみたわい。

詳しく見る
男性40名に緊急アンケートみんなのマン臭エピソード集

まん臭のことなぞ、他人にはなかなか聞きにくいもの。そこで有志の男性たちに匿名アンケートを行い、偽らざる本音や、リアルなくさまんとの遭遇エピソードを聞いてみたゾ。

詳しく見る
アナタの彼女は大丈夫?くさまん度CHECK

アソコの臭さというものは、なかなか自覚できないぶん、非常にたちが悪い。そこで、客観的に臭いの原因とレベルを探れる診断テストを作ってみたんじゃ。ぜひチェックしてくれい!

詳しく見る